ファストクラッシュの口コミ
ファーストクラッシュの口コミ評判チェック > ファーストクラッシュ > 大人にきびと思春期にきびの違い

大人にきびと思春期にきびの違い

大人にきびと思春期にきび。
違いはいろいろとあります。

大人にきびになるのは、思春期にきびを経験しています。
ですから、にきびがどのようなものかを体ではわかっています。

しかし、原因も特徴も全て違います。
思春期にきびは、成長期のホルモンバランスの乱れが原因です。
皮脂が過剰に分泌して、でてしまいます。
この時期の体は未成熟ですから、ホルモンの出方は不安定です。
洗顔とスキンケアをしていることで、対処ができ、成長とともに自然と落ち着くことが多いです。

ところが、大人にきびに関しては、同じくホルモンバランスの乱れが原因です。
思春期のように特定の原因ばかりではなく、様々なことが要因としてあります。
間違ったスキンケア、活性酸素、角質異常などがあります。
思春期にきびとでき方も変わってきますし、重症化することも多いです。

男性ホルモンが原因とされていますが、ストレスが多く有ることだけでも簡単に大人にきびはできてしまいます。
思春期にきびと違うのですが、基本的にはスキンケアをしっかりと行ってください。

ただし、大人にきびに関しては、自己判断ではなく、皮膚科に行って治すほうが良いとされています。
何と言っても、しっかりと治すことが大切です。

という、必ずニキビ痕を残さないことです。
大人になってからのにきびは、痕が残るとシミのようになって消すことは困難になります。
大人にきびを作らないことがいちばん良いのです。

そのためにはストレスをためない、正しいスキンケアをする、生活習慣を良くすることがポイントになります。