ファストクラッシュの口コミ
ファーストクラッシュの口コミ評判チェック > 未分類 > 大人にきびができる原因(乾燥)

大人にきびができる原因(乾燥)

大人にきびは、乾燥が気になっている方にできるものです。
本来、にきびは余計な皮脂が原因となっていることが多いですが、なぜ乾燥しているのに、大人にきびができるのでしょうか?
これは、乾燥しているからこそ、大人にきびができてしまうのです。

本来、人間の肌は、水分を多く含んでいます。
その水分の外側にバリアがあって、外部からの細菌などから守っています。
ところが、ある程度の歳になると、水分が減ってきて、バリア機能が失われてきます。
そうすると人間の肌は、バリア機能を保とうとして、皮脂を分泌し始めるのです。

その皮脂は、正常に肌を保つだけではなく、本来なくてもいいはずのものです。
もともと肌の機能も失われているので、ニキビができやすくなってしまいます。
それを防ぐのは、地道なスキンケアが必要になります。

それも外からだけではなく、食べ物からの保湿成分も必要です。
サプリメントなども活用することで、とにかく肌に保湿機能を持たせることです。
混合肌というのも、この乾燥が大きな原因になっていると言われています。
乾燥しているから、ニキビの心配はないということはありません。

返って、乾燥しているからこそ“大人にきび”の危険性が大きいと考えた方が良いです。
肌が乾燥してきたと感じ始めた頃から、いわゆる年齢肌の始まり。
体のホルモンバランスも不安定になってしまうことから、突然のにきびに驚かないでください。
にきび以外のトラブルもいろいろと出てきます。